2010年05月13日

もんじゅ 運転再開 火災から14年ぶり(毎日新聞)

 1995年12月のナトリウム漏れ事故で停止していた日本原子力研究開発機構(原子力機構)の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市、28万キロワット)が6日午前、運転を再開した。高速増殖炉は熱伝導にナトリウムを使うため、空気中の水分と反応して火災を起こしやすい難点がある。火災による停止から14年5カ月。原子力施設では世界でも異例となる長期の運転停止期間を経て、国が未来のエネルギーと位置付ける核燃料サイクルの中核施設が動き出した。

【ニュースが分かる】核燃料サイクル トラブル続き 見えない先行き

 原子力機構は6日午前10時36分、19本ある制御棒のうち1本の引き抜きを始め、原子炉を起動させた。8日には、出力0.03%で核分裂反応が一定になる「臨界」に達する見込み。

 もんじゅは85年に着工し、94年に初臨界に達した。しかし、出力40%で運転中の95年12月8日、2次系ナトリウム配管の温度計が設計ミスで折れ、ナトリウム約640キロが噴出。空気中の水分と激しく反応して火災が起きた。原子力機構の前身の旧動力炉・核燃料開発事業団(動燃)は、事故直後に現場を撮影したビデオの一部をカットして公表。「情報隠し」と強い批判を受けた。その後、組織改革などを進めて体制を見直し、07年5月に改造工事を終えた。

 運転再開は当初、08年2月に行う予定だったが、ナトリウム漏えい検出器の取り付けミスや自治体への通報遅れなど不祥事がまた相次ぎ、再開は4回延期された。結局、着工から09年度末までに予算ベースで9032億円が費やされた。

 今後は、11年度に出力を40%にまで上げるなど、約3年をかけて3段階で出力を引き上げて性能試験を行う。発電は11年5月ごろの予定で、試験をすべて終了し本格運転に入るのは13年4月になる見込みだ。【酒造唯】

 ◇ことば 高速増殖炉

 消費した以上の燃料(プルトニウム)を生み出す原子炉。燃えないウラン238に高速中性子を当て、燃えるプルトニウム239に変換する。中性子を減速させない冷却材(一般にナトリウム)を使うのが特徴だ。発電は1951年の米国の実験炉が最初で、現在、商業炉として世界的に主流の軽水炉より先行していた。だが技術的、経済的課題を克服できず、フランスは実証炉を放棄。各国も商用化には至っていない。

【関連ニュース】
「もんじゅ」は、通常の原発とどう違うの?
もんじゅ:運転再開 福井県知事が正式に同意
もんじゅ:“関門”を乗り越えて安堵 地域振興策合意
もんじゅ:地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ
原発は人間関係の亀裂つくる 「原発スキャンダル」出版

<普天間>鳩山首相 「5月末決着」変更なしを明言(毎日新聞)
「地球を覆うほどの愛で」谷亮子氏が参院出馬、現役続行も表明(産経新聞)
女性に跳び蹴り 男が財布奪い逃走(産経新聞)
<詐欺>警察官名乗りカードを詐取 100万円被害 奈良(毎日新聞)
<赤ちゃんポスト>設置3年「子にとって虐待」病院側が変化(毎日新聞)
posted by アシカワ ケンイチ at 09:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

<龍馬>「いろは丸」ポルトガルから 通説覆す(毎日新聞)

 坂本龍馬の海援隊が、大洲藩から借りて使っていた蒸気船「いろは丸」は、通説と異なり大洲藩がポルトガル人から買い入れていたことが、ポルトガル語の購入契約書の解読で分かった。愛媛県大洲市が23日、発表した。オランダ人から購入したとされていたが、龍馬乗船中に紀州藩船と衝突して沈み、初の海難審判の舞台回しとなった船の出自が明らかになった。

 契約書は個人所有で、市から依頼を受けた東京大学史料編纂(へんさん)所が解読。1866(慶応2)年9月22日付で、商人兼ポルトガル領事のロウレイロが長崎で4万メキシコ・パタカ(1万両相当)で大洲藩に売却し、「いろは丸」と称する、などと記されて、藩主代理の国島六左衛門がサイン。契約後に記された藩主・加藤泰秋の署名もあった。

 いろは丸は翌年4月23日、広島県・鞆の浦沖で衝突し沈没。賠償交渉は、龍馬が万国公法(国際法)に基づいて紀州藩から賠償を勝ち取った、国内初の海難審判とされる。

 解読を担当した同編纂所の岡美穂子助教は「通説は、当時の事情から幕府へ届け出た虚偽の内容から広まった可能性がある」と話している。【中村敦茂、門田修一】

「厚労省版マニフェスト」発表、全省庁で初(医療介護CBニュース)
気多神社の神社本庁離脱の規則変更認める 最高裁(産経新聞)
舛添氏「夢と希望あふれる日本を作る」(産経新聞)
<掘り出しニュース>高さ26メートルのスカイツリー登場 東武ワールドスクウェア(毎日新聞)
<松野明美さん>熊本市議増員選で初当選 元マラソン選手(毎日新聞)
posted by アシカワ ケンイチ at 18:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

<ネット競売>戦艦三笠の探照灯出品 10年前の盗品か 日露戦争の連合艦隊旗艦(毎日新聞)

 日露戦争の日本海海戦(1905年)で、連合艦隊司令長官、東郷平八郎元帥(1847〜1934)が乗り込み、ロシアのバルチック艦隊を破った連合艦隊の旗艦「三笠」のものとみられるサーチライト「探照灯」が、インターネットのオークションサイトに出品されていることが分かった。東郷元帥を祭る福岡県福津市の東郷神社で約10年前に盗まれた探照灯の可能性があるという。

【三笠も登場】坂の上の雲:本木雅弘「やっと見てもらえる…」脚本家の死乗り越え感慨

 東郷神社の川野万里子宮司(63)によると、探照灯は台座を含む高さが約1・7メートルで、照明器の直径が約60センチ。三笠の艦首と艦尾各2カ所に計4基設置されていた。

 このうち1基は東郷神社の宝物館で展示されていたが、約10年前、川野宮司が宝物館の掃除をしていて照明器だけがなくなっているのに気付いた。盗難時期がはっきりせず、警察にも被害届を出さなかったという。

 オークションサイトには、照明器だけが「戦艦三笠 前照燈」として17日に出品され、12万円の価格が設定されたまま落札者は出ていない(21日午前10時半現在)。照明器には「東郷元帥搭上せり 旗艦三笠前照燈也」などと金色の字で書かれていた。照明器はさびているが、字はあせておらず、後で書かれたとみられる。オークションは24日に終了する。

 川野宮司は「さびの付き具合などに見覚えはあるが、文字が書かれていた記憶はない」と話し、盗難品かどうかの確認はできないという。「仮に盗難品ならばぜひとも返してほしい」とも話している。

 オークションサイトを運営するヤフーの広報室は「被害届が出ていれば警察への情報開示など協力はできるが、現状では盗品かどうか判断できず、対応できない」としている。

 窃盗罪の公訴時効は7年で、出品された照明器が三笠の探照灯と確認されても時効が成立している。

 三笠は、バルチック艦隊を破った後、1905年に長崎県佐世保沖で沈没した。11カ月後に引き揚げられて61年に記念艦として復元され、現在は神奈川県横須賀市の三笠公園で「三笠保存会」が展示している。同会は「写真を見る限りは沈没時の探照灯とみられる。盗難品である可能性もあるが、沈没・引き揚げ後に持ち帰られた探照灯の可能性もある」と話している。【近松仁太郎】

【関連ニュース】
【三笠も登場】ドラマ「坂の上の雲」:露中仏英でロケ、けた外れの大作
【関連記事】坂の上の雲ミュージアム:カフェオープン
【昭和のニュース】戦艦「大和」撃沈
【戦艦の話題】野口聡一飛行士:「宇宙戦艦ヤマト」シャツで古代進気分?

通天閣ロボ 「一日署長」で犯罪防止に活躍 大阪・浪速署(毎日新聞)
今月下旬の訪韓検討=中井拉致担当相(時事通信)
橋下新党発足 目指すは「大阪都」(スポーツ報知)
今月下旬の訪韓検討=中井拉致担当相(時事通信)
レール間に倒れ無事=女性の上を電車通過−JR東京駅(時事通信)
posted by アシカワ ケンイチ at 10:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。