2010年03月17日

「住宅」のまま用途変更せず=グループホーム火災−札幌市(時事通信)

 札幌市北区で7人が死亡したグループホーム「みらいとんでん」火災で、同市中央区の運営会社「みらい25」(谷口道徳代表取締役)が2005年、民家を改築して同ホームを開業した際、建築基準法に基づく建物の用途変更手続きをしていなかったことが16日、分かった。市は同日、同ホームの立ち入り調査を実施した。
 市によると、同ホームは1988年に建てられた民家を、みらい25が05年に買い取って改築、同年12月にグループホームとして開業した。
 グループホームは建築基準法上、「寄宿舎」に当たり、「住宅」を改築して用途変更した場合、確認申請を出す必要がある。しかし、みらい25は札幌市に申請せず、手続きを怠ったという。 

【関連ニュース】
民家火災で2人死亡=48歳男性と84歳祖母か
民家火災で3人死傷=2階から遺体、10代の息子か
住宅火災で男児2人死傷=1歳と3歳、煙に巻かれる
寺放火の疑い、僧侶逮捕=火災保険3億円
2遺体、胸に銃創か=1階に拳銃様の物も-4人死亡の民家火災・群馬

准看受験可など提言―EPA受け入れで四病協(医療介護CBニュース)
関西空港 出国エリア改修工事が完成 1.5倍に拡張(毎日新聞)
地域ケアの必要性を強調―宮島老健局長(医療介護CBニュース)
<伊方原発>弁に異常 30日予定の通常運転再開に影響なし(毎日新聞)
天気 降雪、強風で交通機関乱れる(毎日新聞)
posted by アシカワ ケンイチ at 20:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。